工事現場に土のう袋にはユニークな商品が出ている

災害用品を紹介します

土のう

耐久性があります

日本の立地は、世界有数の多雨地域にあります。また、国土の多くを山地が占めているため、海へ流れる河川が氾濫しやすい地形をしています。その結果、自治体が、主導的に河川工事等を通じた予防処置を実施しています。ただし、水害は企業活動に多大な被害を及ぼしやすいので、自主的な防衛手段の確保は大切です。土嚢は水害が現実に起こった際に、被害を最小限に抑制するために用いられます。土嚢袋は頑丈に製造されていても、耐久性に限度があります。したがって、放置していた古い土嚢を使っても、水の流れを十分に食い止めてくれるとは限りません。そのため、普段は使わなかったとしても、定期的な確認で安全性を確保しながら必要に応じて更新することが大切です。

災害の被害を減らせます

企業活動に必要な数多くの契約事項や情報は、書類として記録することが一般的です。近年はペーパーレス化の一環で、電子書類も普及しています。しかし、重要書類になる程、依然として紙媒体が主流です。どちらにしても、水による悪影響を受けやすい点が共通しています。そのため、水害が発生すれば、非常に深刻な被害を受ける恐れは高くなります。土嚢は水害の流れを阻害して、誘導することに役立ちます。したがって、重要な書類は勿論、取り扱っている商品等の保管場所に影響が及ばないようにすることができます。そのため、万が一の自主的な危機管理として、土嚢の確保を行っている企業は珍しくありません。また、保管場所の確保が難しい場合、レンタル業者が利用されています。